バイアグラは一番有名なED薬で、その効果も広く知られています。最も勃起力が強くなりEDの改善を行えます。

ED薬の比較情報
ホーム>バイアグラとは?

バイアグラとは?

バイアグラ

ED薬で最も有名なのがファイザー製薬より販売されたバイアグラではないでしょうか?1998年アメリカで発売された世界で初めての経口用ED薬になり現在まで多くの方に使われてきました。バイアグラが登場する前のED治療は確実性が無く、また今以上に恥ずかしいものとして捉えられてきていたため(情報が少ないせいもありますが)、医師から見ても厄介な症状だったようです。しかしバイアグラによりそれは見事逆転。

そのため発売当初からしばらくはまだ発売されていないにも関わらず日本でも連日報道がされていたことは記憶に新しいでしょう。 そんな一大センセーショナルを巻き起こしたバイアグラについてこちらのページではご紹介をして参ります。ご存じの方も知らない方も、これから使う際に改めてその効果はどのようなものなのか?一番気になる点でしょう。まずはそこからご説明します。

バイアグラの効果・効能について

男性の筋肉

有効成分はシルデナフィルで本来であれば狭心症治療薬として使われる予定でした。しかしその治験においてあまり芳しい結果が出せず、その際偶然見つかった勃起促進作用によりバイアグラとして再開発されたという有名なエピソードがあります。EDの方が服用することで血管が拡張され血流量が増えることで、ペニスにもそれが及びます。血液が海綿体に充満し膨張して勃起へと至ります。

もう1つの作用に海綿体の壁のような役割を果たす平滑筋を弛緩させるサイクリックGMPという物質を分解してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害するという作用も持っています。PDE5を抑制することで勃起が必要な場面=セックスの際、勃起状態の解除(途中で萎えてしまうこと)も起きず問題無く行為へ至る事が出来るのです。

高い勃起促進作用が持ち味

ED薬の中では勃起促進作用が一番強いと言われています。そのため中度~高度の方にとって大変利用価値があるでしょう。ただし性欲増進作用というものは一切ありません。性的興奮、それに伴う刺激が無ければ勃起という現象が起きないため自身の性欲が無いという場合使用しても意味のない薬となってしまいます。その際は精力剤なども使用してみて下さい。また服用すると「効果が切れるまで勃起したまま」というわけでもありません。性的興奮を得て初めて作用します。その点は安心して使いましょう。

バイアグラで起こる副作用

みつめる男性

副作用についてですが最も感じやすいと言われています。良くも悪くもストレートな効果を持っているのがバイアグラの特徴です。特に多くの方が服用後に感じるのは顔のほてり・紅潮です。また目の充血も起こりやすいため大きく気にする必要はありません。 その理由はシルデナフィルによる血管拡張作用です。ペニスのみならず全身にも及ぶためこのように現れます。

バイアグラだけではなく、その他のED薬でもこういった副作用は現れます。その中でも最も強く感じるのがバイアグラと言うだけです。

併用禁忌薬により起こる重度の副作用

ED以外では健康そのものという方にはあまり関係ない話にはなりますが、狭心症や高血圧、または低血圧の方の使用は注意が必要です。特に狭心症の治療で使う「硝酸剤」を利用している方はバイアグラの使用が禁止されているため覚えておきましょう。なぜなのかと言いますと、先に説明したようにバイアグラも狭心症のために使われるはずだった薬です。

血管を拡張するということは、つまり血圧が下がるということです。硝酸剤も同じように血圧を下げる薬なので併用してしまうと急激に血圧が低下してしまいます。そうなるとショック症状を起こしたり意識を失ったりするなど大変危険な状態を招いてしまう可能性があるのです。

現にバイアグラ発売当時、硝酸剤を使われていた方が個人輸入によってバイアグラを取り寄せ、一緒に使ってしまったため死亡した事件がありました。それにより一転、バイアグラは悪い薬というイメージが着いてしまったのです。その後誤解は晴れて今に至るのですが、バイアグラ自体は心臓に影響する薬ではないため安心して下さい。あくまでも硝酸剤、そして不整脈の薬である塩酸アミオダロン製剤と使用した場合に限り、危険な状態を招いてしまうことを覚えておいて下さい。

バイアグラの使い方

笑顔の男性

服用方法はセックスを行う1時間前に行いましょう。30~60分で効果が現れるためです。比較的効果が早めに現れる薬と言えるでしょう。ED薬は使う時間も結構重要なため、早すぎたりしても効果が切れる直前であったり遅すぎたら勃起に影響してきます。そのあたりは使っていくうちに覚えていくでしょう。ただ服用に関しては必ず空腹の時に使って下さい。食後に服用した場合、効果の発現に影響します。

ED薬の有効成分は腸から吸収されます。そのため食事の後(特に脂肪分の多い料理)に服用すると吸収が脂肪分によって阻害されてしまうのです。それにより効果の発現が遅くなったり、勃起促進作用が弱くなったりなど本来のポテンシャルが発揮できなくなります。とてももったいないため、出来る限り空腹状態で服用をして下さい。もし食後で服用したいのであれば2時間は空けてから服用して下さい。それによりシルデナフィルの吸収も問題無く行えるでしょう。

バイアグラのジェネリックについて

カマグラ

バイアグラにはジェネリックが販売されています。ED薬の中では唯一国内の製薬メーカーでも発売されています。しかしそれ以前から海外製のジェネリックが台頭しておりそちらのほうが有名でした。今でもその人気は変わりません。その理由はずばり、価格の安さです。国内製と海外製の価格差は結構大きいです。国内製が1錠1000円ほどに対し、海外製は1錠300~400円です。これほど差が開いています。ただ海外製のバイアグラジェネリックは最後にご説明する通販でしか購入が出来ない点に気を付けなければなりません。

バイアグラ新形状のODフィルム

バイアグラODフィルム

ジェネリックではありませんが2016年に新タイプであるODフィルムが発売されました。今までは錠剤タイプしかありませんでしたが、携帯性に優れさらに即効性も高くなったフィルムタイプが発売されしばらく鳴りを潜めていたバイアグラは再注目されました。今後はOD錠やフィルムが主流になると言われ、その先駆けとなる可能性が非常に高いです。

バイアグラを通販で購入する方法

先程説明したようにバイアグラは通販を利用して購入することが可能です。本来は処方箋医薬品のため、医療機関へ行き医師の診断・処方を受けてからでないと手にすることが出来ません。しかし海外で販売されているバイアグラを購入する場合、処方せんが無くても購入出来るのです。それが個人輸入という方法になります。

通販を利用する事も個人輸入として扱われ、日本では承認されていない海外製のバイアグラジェネリックが購入出来たり、バイアグラそのものも医療機関で処方されるより安かったりと利用者が得をする場合が多いのが特徴です。ただし海外から直接発送されるので到着は1~2週間と時間がかかってしまう点に注意をしなければなりません。もちろんパッケージも全て海外版なので説明には日本語がありません。使い方を知っていなければ危険な状態を招くこともある事を覚えておきましょう。