日本ではまだマイナーなED薬ですが「即効性」、「勃起促進力」、「食事の影響を受けづらい」といった使いやすさに秀でています。

ED薬の比較情報
ホーム>ステンドラとは?

ステンドラとは?

ステンドラ

第四のED薬として徐々にその存在感を高めているステンドラ。アメリカの製薬メーカー、ヴィヴス社が製造販売しています。有効成分はアバナフィルといい、実はこの成分は元々田辺三菱製薬株式会社により開発が進められていたのですが、2001年にヴィヴス社に譲渡されました。そして2012年に発売開始。しかし現在も日本では承認されておらず医療機関で処方されることはありません。ちなみにヨーロッパではスペドラという名称で販売されています。

ステンドラの効果・効能

男性の背筋

そのステンドラの効果ですが他のED薬と同様、血管を拡張しペニスへ血液を集中させて勃起を促します。そして勃起を鎮めてしまう酵素「PDE5」の働きを阻害し、勃起を継続させるというものです。この作用についてはどの商品も共通するのですがステンドラの特徴はハイブリッドと言っても過言ではありません。俗に言う三大ED薬のいいとこ取りをしたような効果を得られます。

即効性がすごい

まず最も注目すべき点は即効性。この点に関して言えばレビトラが一番早く効果が現れることで有名でしたが、ステンドラの場合15~20分程度で現れるそうです。もちろん個人差があるため30分近く必要な方もいらっしゃるでしょうがレビトラよりも若干早く効果が現れる点は少しびっくりします。

勃起促進力は高め

勃起促進作用も比較的高いでしょう。バイアグラとレビトラの中間だといわれています。ですので即効性が備わったバイアグラとイメージしていただければ一番分かりやすいかもしれません。効果持続時間はバイアグラと変わらず5~6時間です。その点をどう捉えるかは使われる方次第ですが即効性もプラスされたのは大きいと思います。

食事の影響を受けない

最後はシアリスと同じように食事の影響に強いという点です。脂肪分の多い料理でなければ特に効果発現の影響はありません。使い所も食事をしばらく時間を空ける必要もありません。ただ一部では食事の影響はバイアグラ並に受けてしまうという意見もちらほら見かけました。まだまだ日本では使っている方が少ないため検証結果がバラバラなのかもしれません。

ただそれは脂肪分の多い食事、満腹近くまで食べてしまった場合に服用したからとも考えられます。過剰な期待は避け、ちょっとだけ気をつけるべき点は守れば良いのではないでしょうか?

ステンドラで起こる副作用

気だるそうな男性

副作用についてそこまで強く発現しないようです。ただ相性というものがありますので強く感じてしまう可能性もあることは把握しておいて下さい。他のED薬と同じように顔のほてり・紅潮、目の充血、鼻づまり、頭痛などの軽微な症状です。これもまたステンドラの効果が切れていくとおさまりますのでご安心下さい。

ただ重度の症状が起きてしまう可能性もあります。併用禁忌薬である硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤を使われている方がステンドラを使用した場合に起きてしまうので、絶対に使用しないで下さい。血圧が急激に下がる恐れがあり危険な状態を招きやすくなります。

ステンドラのジェネリック

アバナ

ステンドラはまだ新しいED薬ですが既にジェネリックも販売されています。ただ他のED薬と違いそれほど種類は多くはなさそうです。後程ご説明するどの通販サイトで調べてみてもアバナという商品しか見当たりません。そんなわけで現時点ではほぼアバナが代表されると思います。

ステンドラを通販で購入する方法

購入方法はステンドラもアバナも通販のみです。海外医薬品を購入出来る通販サイトを利用します。例に漏れず日本で承認された場合、処方箋医薬品になるでしょうから本来は処方箋が無ければならないでしょう。しかし通販サイトで購入することは個人輸入として扱われますので、処方箋は必要ありません。

ちなみに価格は通販サイトによりけりですが平均1500~1800円です。ジェネリックのアバナを購入する場合は半額以下の400~500円前後で購入出来ます。まとめ買い(○箱という形になります)をすることで1錠あたりの価格が安くなるため一番安い価格で購入可能となるので損をすることはありません。