レビトラジェネリックには国内製はまだ販売されておらず、海外製のみです。しかし使いやすさ、そして費用削減が実現出来る

ED薬の比較情報
ホーム>レビトラジェネリックについて

レビトラジェネリックについて

レビトラジェネリック

2番目に発売されたED薬として広く知られるレビトラ。現在はまだ国内製ジェネリックが販売されていませんが(2017年より登場するかも?という噂)、海外では既に発売されており日本でも通販を通じて購入することで入手することが出来ます。有効成分はもちろんバルデナフィルです。即効性や食事の影響の少なさを変わらずに得ることが出来ます。

海外で販売されている理由

なぜ海外では既にレビトラジェネリックが販売されているのか?これはバイアグラジェネリックでもご説明をしたのですが薬の特許期間とインドに関係しています。本来であればジェネリックは薬の特許期間が切れなければ製造が出来ません。20年、延長の申請をすれば25年まで設定されます。しかしインドはその特許期間に関係なくジェネリックを製造しています。

詳しく説明すると長くなるため簡単な説明ですませますが、特許期間とはその中の4つの特許を総称した呼び方で、中でも重要なのが薬の成分に対する特許である「物質特許」です。インドには2005年まで物質特許が無かったため製造方法さえ変えれば違う製品として販売が出来ていたのです。

しかし2005年以降に物質特許も認められたため本来であれば他国と同様、切れるまでは製造が出来ないはずです。しかし販売元の製薬メーカーにいくらか支払うことで製造の許可を得たり、あるいは以前と同様その許可も得ずに販売を強行することがあります。レビトラがどのパターンに当てはまるかは不明ですが、いずれにせよ特許がまだ切れていなくてもインドではジェネリックが作られ販売されているということです。

レビトラジェネリックの購入方法

タブレットから購入

そんなレビトラジェネリックの購入方法は通販を利用して購入をします。海外の薬を販売している通販サイトではレビトラジェネリックを個人輸入という形で購入が出来ます。本来ならば処方箋が必要な薬であるレビトラですが個人輸入をする場合は処方箋が無くても購入が出来るため通販で手に入れられるのです。

またジェネリックはとても安いのが特徴です。国内の医療機関で処方される場合、20mg1錠は1800~2000円となかなか高額になってしまいます。しかし通販で購入できるジェネリックの場合、20mg1錠あたり200~300円と半額以下で購入が出来るのです。金銭面に関してはかなり節約することが出来るため非常に人気だといいます。

商品ラインナップ

レビトラジェネリックのラインナップは豊富です。今回はご紹介をしませんがバイエル薬品(アメリカ)から販売されているスタキシンもレビトラジェネリックにあたります。その他はほぼインド製の商品で既に通販を利用していたり、海外の薬をご存じの方であれば知っているものも多いかと思います。当サイトでおすすめの商品を2つピックアップしてご説明して参ります。

高用量でコストカットも簡単なジェビトラ

レビトラジェネリック

レビトラジェネリックで1,2を争うほどの人気を誇るのがジェビトラです。インドの製薬メーカーであるサンライズレメディ社より販売されている商品で高用量タイプがある点が特徴です。20mgはもちろん、40mg、そして60mgがありそれらをピルカッターなどでカットして使うことで大幅なコストカットが可能になります。ちなみに1錠200~300円で購入出来るためかなりお得になることでしょう。

汎用性の高さで好評のバリフ

バリフ

レビトラジェネリックでもう1つ人気が高い商品はバリフになるのではないでしょうか?バイアグラジェネリックのカマグラを販売するアジャンタファーマ社から販売されています。こちらは20mgのみですが150~200円で購入でき、費用削減にも繋がります。もちろん効果もレビトラと変わらないため、普段通りに使用しても問題ありません。もし20mgで効きすぎるかな?と思われた場合はピルカッターなどで半分に割ることで成分量を調整できます。またコストカットという面でも活用出来るかと思います。