バイアグラは国内製、海外製のジェネリックがある唯一のED薬です。

ED薬の比較情報
ホーム>バイアグラジェネリックについて

バイアグラジェネリックについて

カマグラ

ジェネリックは先発薬の成分を使って製造されるため後発薬とも呼ばれます。製造のためには「特許期間」という開発メーカーに対して与えられる、ある種独占権といえる権利が切れることで初めて可能になります。20年、申請をすれば25年まで延長されます。実績がある程度積み重なっており安全性も確認されている成分を使うため、始めから開発・研究をするより大幅にコストカットが出来る事が強みです。

ED薬に関して言えば現時点で(2017年現在)はバイアグラのみが発売されています。2015年に特許期間が終了したために各メーカーから多くの商品が販売されています。

国内製バイアグラジェネリック

シルデナフィル

国内製で言えば東和薬品やキッセイ薬品、あすか製薬(販売は武田薬品)など、有名な製薬メーカーからこぞって販売されています。バイアグラには無いOD錠、フレーバーの付いているものだったりと工夫がこらされており使いやすさがかなりアップしているのも特徴です。

商品名としてはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルから取られ、多くが「シルデナフィル錠」という名称です。基本的にジェネリックには有効成分の名前が付けられる傾向にあります。一般名とも呼ばれ、医師は基本的に商品名ではなく一般名を使います。価格は当然バイアグラよりも安く、50mg1錠が1000円程度で処方されます。

海外製ジェネリックの人気

しかしそれ以前、つまり特許期間が切れる前から既にバイアグラジェネリックは台頭していました。海外製のジェネリックです。特にインド製が主流なのですが、なぜインドなのかというと、特許期間に関係しています。基本的にはその国によって特許制度が決まっていますし、どの国も同じような特許期間が設けられています。しかしインドは他国とは違ったものであり、特許期間が切れていなくてもジェネリックを製造できるのです。

そういった理由からインドは世界でもまれに見るジェネリック大国という認識をされ、現在は世界中でインド製ジェネリックが使われています。バイアグラも例に漏れず特殊な法律によって製造されていました。品質もさることながら人気の理由は価格にあります。とても安いのです。1錠1000円どころではありません。何百円という世界です。国内製ジェネリックと比較すればいかに安いかお分かりいただけるでしょう。

商品ラインナップ

そこで今回はバイアグラは当然ですがその他のED薬についても人気のジェネリック商品をご紹介したいと思います。実に豊富な数があり、ネームバリューであったり形状、価格などそれぞれ違う基準があるでしょう。その点にも注目をしていただきいくつかご紹介をしていきます。

人気No.1のカマグラ

カマグラ

まずはなんといってもカマグラは外せません。バイアグラのジェネリックといえばこれというくらいとても有名です。カマグラゴールドとも表記をされている場合がありますが同じ商品です。カマグラは輸出用、カマグラゴールドは自国用(インド国内)で使い分けているようです。

有効成分はもちろんシルデナフィルで50mgと100mgがあります。100mgは海外のみで流通する成分量で、日本人男性が使うには少々強すぎてしまうかもしれません。100mgを購入した場合ピルカッターを使って割ることで実質50mgとして使うことが出来ます。コストカットが出来るため大変おすすめしたい使い方です。様々な形状がありゼリー、発泡錠、チュアブルがあります。いずれもフルーツ味が付いています。

なお価格は1錠あたり300~400円と国内製ジェネリックと比べてかなり安いです。ジェネリックでどれを購入しようか?と悩んだ場合、カマグラを選べばまず間違いはないでしょう。

カマグラ人気にも負けないシラグラ

シラグラ

続いてご紹介するのがカマグラとともに有名なバイアグラジェネリックがシラグラではないでしょうか?こちらもインド大手の製薬メーカーであるシプラ社が製造販売をしております。シラグラにも50mg、100mgがありそれぞれ半分に割って使うことで成分量の調整やコストカットが可能です。また錠剤にあらかじめ割れ目が入っておりピルカッターを使わなくてもそのまま割ることも出来るそうです。

他にもまだまだ商品が各社より販売されているのですが(それこそ各国の大手製薬メーカーからも)、特に人気の2銘柄をご紹介致しました。

バイアグラジェネリックは通販で

バイアグラジェネリックの購入方法は国内製であれば医療機関でのみ処方されます。海外製のジェネリックは通販を利用しなければなりません。国内では承認されていない医薬品であるからです。そこで海外医薬品を販売する通販サイトを利用して、個人輸入という形で購入可能となります。

つまり通販で同等の効果を持つバイアグラジェネリックを購入すれば、わざわざ時間を作らなくても例えば仕事の休憩中や家でインターネットさえ繋げられればどこでも注文が可能なのです。利便性とコストパフォーマンスの良さをぜひ実感してみて下さい。